経口避妊薬(ピル)とは、女性が、不要な妊娠の防止を避けるために飲む薬で、種々の課題を抱えているため、特に国内での普及は、まだ、十分ではありませんが、避妊効果に極めて優れていると同時に、副次効果によるライフデザインへの寄与も好材料となりつつある中で、今後、有望な避妊方法の一つとして再評価されるべき時期に来ています。

ここでは、この経口避妊薬がどういうものかについて取り上げます。

避妊薬は女性が主体で避妊効果が高い

経口避妊薬は、コンドームとは異なり、女性が主体となり、薬を生むような感覚で、規則正しく服用することにより、ほぼ確実な避妊効果をもたらすと言われています。

また、コンドームにみられるような感染防止効果はないのですが、コンドームでは得られない、セックスの際の快感を損なわないという点で優れた避妊の方法と評価されています。

このように、避妊効果や性交時の快感の増大は、経口避妊薬の避妊方法としての再認識を惹起することもありえますので、ライフデザインの観点から、今後、注目すべきトレンドを生み出す可能性を秘めていると言えるでしょう。

避妊薬は女性ホルモンに働きかけることにより避妊を可能ならしめる

避妊薬は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという女性ホルモンの働きで、脳にある種の誤認を与え、排卵を起こらなくすることにより、妊娠を起こらなくします。

このような経口避妊薬の特徴は、プラスの副次効果としては、月経を安定させたりしますが、逆にマイナス面としては血栓症のような病気にかかりやすくなるといったデメリットもあります。

また、通常、薬局やドラッグストア等正式ルートでの購入のためには、医師の処方箋が必要であり、毎日、飲み続けることが要求される等ある種の煩わしさがあることも、国内で経口避妊薬の普及が遅れた原因と言えそうです。

今後、有力な避妊方法の中心的な存在になり得る?

上記の経口避妊薬の特徴から、これまで、特に国内での主流の避妊の手段でありますコンドームからは、得られなかった効果や効用が得られますので、今後、有望な避妊方法として、ますます脚光を浴びることになるでしょう。

ただ、経口避妊薬が、避妊方法として定着するには、医療や薬品に関する規制面の見直しや、使用者であり、消費者でもある女性自身の認識の向上が必要になってきそうです。

次項以降では、このように避妊薬の普及に向けて必要になってくる条件も含めて、幅広い視野から、避妊可能性について、取り上げます。