経口避妊薬(ピル)には、副作用があり、服用すると血栓症や乳がんにかかりやすくなると言われています。

ただ、最近は、逆に、月経の周期の安定化や調整等の副次効果があることもよく取り上げられようになってきました。

ここでは、このような経口避妊薬の副次効果や副作用について、触れていきます。

経口避妊薬の副作用

経口避妊薬の副作用については、頭痛、吐き気や倦怠感や乳房が張り、肥大化するという初期のものから、肝機能の異常からくる体重の増加や、血液に影響があり発生する血栓症や心筋梗塞、乳がんといった中長期的ものまであるようです。

初期の軽い症状は、比較的簡単に解消されるとする見方もありますが、中長期的な症状も踏まえて、経過観察する姿勢も大切かもしれません。

また、中長期的に発生しうる血液や内臓や癌塔に関する症状については、医師と相談しながら慎重に対処すべき点ことは言うまでもありません。

経口避妊薬の副次効果

経口避妊薬の避妊以外の効果としては、月経時の出血を抑えたり、月経痛を和らげたり、月経の周期自体を調整して、他の人生や生活上重要なライフイベントに支障のないようにしたり、卵巣がんを抑えたり等多岐にわたります。

最近では、このような効果が取り上げられることが多くなっていることが、口径避妊薬の不安の軽減につながっているようです。

特に月経の時期の調整は、受験や各種行事等自分の力で予定を変えられないイベントを乗り切るためにも有効な場合もあり得るため、ライフデザインの観点からも取り上げられることもあり、注目すべき観点かもしれません。

また、効果と言えるかわかりませんが、服用を中止すれば、妊娠が可能になり、胎児への影響もほとんどないといったこともあり、この点からは、比較的安心できることも口径避妊薬服用の好材料となっています。

避妊以外の観点では経口避妊薬は体に有益か?有害か?

避妊以外の観点では経口避妊薬は体に有益か、有害か、という問いに関しては、以前はどちらかというとネガティブな情報を目にすることが多かったのですが、最近では、プラス面での情報を目にすることが多くなりました。

ここまでくると、全体的な比較よりも、個人の状況に応じて、どう判断するかということになってきそうです。

例えば、煙草を吸われる方は、副作用が出やすいことから、医師に相談しながら慎重に口径避妊薬の服用を進めるといった慎重な配慮が必要になってくるでしょう。

全体的なイメージは、有害という状況から、有益な面と有害な面が拮抗したイーブンな状況に変わってきている感がありますが、医学や薬学の進歩により、やがては、有益と言われる可能性もあり、今後が楽しみですね。