モーニングアフターピルについては、経口避妊薬(ピル)の中でも特殊な使い方というイメージがあります。

ただ、通常のピルの服用における煩わしさの解消の観点でも、このモーニングアフターピルについては、参考にすべきこともありそうですので、これを含めてみていきましょう。

性的暴行時のモーニングアフターピルの服用レイプ等女性にとっては不本意な事件に見舞われた後に、緊急措置として、事後に、

例を挙げれば、レイプ等女性にとっては不本意な事件に見舞われた後に、緊急措置として、事後に、モーニングアフターピルを服用することにより、妊娠を意識的に回避したい場合の用途が、まず、印象に残ります。

通常の避妊ピル薬よりも、薬効の強いものを、または、同様のものでも、短い間隔で、一定時間内に、服用することが必要で、飲むタイミングが遅れてしまえば、避妊の失敗の可能性が高くなるようです。

このために、医師の診断なしに、迅速に、購入できるようにできれば、という意見も聞かれます。

これは、状況的には、あいまいなことも多く、恥ずかしさや、迷い等もあり、医師の診察を即時に受けるという判断も容易ではなく、ドラッグストア等で手早く入手して、応急措置をしておきたいという気持ちが強いからなのでしょう。

モーニングアフターピルの通常時の避妊薬としての服用

素人的な考え方かもしれませんが、モーニングアフターピルを、通常の薬と同じ位置づけでて、服用できたら、どんなに素晴らしいことでしょう?

通常の避妊薬は、ご存知のように、セックスのあるなしにかかわらず、避妊を希望する時期には、定期的に飲み続けなければなりません。

これを性行為のあった後に飲むことにより、同様の効果が得られれば、通常の経口避妊薬にみられる煩わしさを回避することができそうですが、当然、短い期間で、通常のピル以上の摂取量が、必要なため、現状では、まだ、副作用の方が懸念されそうですね。

モーニングアフターピルへの今後の期待

性的暴行の場合のモーニングアフターピルの服用は、女性の心理的な問題と、医薬品関係の行政的な問題が絡み合い、通常の経口避妊薬の購入ルートでは、状況によっては、うまくいかない場合もありそうですので、これを解決するために、リスクはありますが、通販等で海外のピル先進国から、モーニングアフターピルを入手しておくような考え方も成り立ちそうです。

また、モーニングアフターピルの通常時の避妊薬としての服用につきましては、現時点では、正規の経口避妊薬よりも、人体へのリスクが高いため、通常、行われていないようですが、今後、このような不安を払しょくできるようなモーニングアフターピルが開発され、世の中に出回ってくると状況が変わってくるかもしれません。

これは、医学や薬学の進展の問題なのか、個人の選択眼のレベルアップの問題も関係しているのかよくわかりませんが、今後の進展に期待するのがよさそうですね。