経口避妊薬(ピル)は避妊薬としては、注目されながらも、なぜか、国内(日本では)、さほど、普及していないようです。

海外の先進国では、日本よりも、経口避妊薬が避妊の手段として普及しているという話をよく聞きます。

また、国内でも、1999年に低用量のピルが認可されて、医師の処方箋があれば、服用できるようにはなってきています。

ただ、国内では、コンドームのほうが扱いやすさと同時に感染防止の役割があるためか、避妊方法=コンドームというのが、一般的な認識となっている感は否めません。

そのため、ピル薬の方が避妊効果が高いと言われているにもかかわらず、いまだ、普及の途上にあるようです。

このサイトでは、この避妊薬としての現状を幅広い視野から俯瞰していきます。

そして、近い将来、薬がどのように普及していくかや、どのように使われていくかについても、展望します。

このサイトの方針

このサイトでは、避妊薬に関して、専門的な知識を提供するという観点よりも、避妊薬が現状でどのようなもので、今後、どのような将来性があり、普及のためにどのような課題があるかについて、概観します。

そのため、どちらかと言いますと、経口避妊薬についての網羅的な解説というよりも、現状の薬の普及や今後の進展をどのように見ていくかのポイントやヒントのようなものをご紹介します。

このサイトで取り上げる話題

このサイトでは、以下の項目で、経口避妊薬について、解説していきます。

基本的な事項に関しては、もうご存知の方も多いかもしれませんので、そのような方は気になる項目だけでも拾い読みしていただければ幸いです。

1) 経口避妊薬とは

避妊薬とは、女性が、不要な妊娠の防止を避けるために飲む薬で、コンドーム等他の避妊方法と違い100%に近い、避妊効果があると言われていますが、ここでは、避妊薬がどういうものかについて取り上げます。

2) 避妊薬の避妊方法の中での位置づけ

避妊薬以外の避妊方法としては、日本で普及しているコンドーム以外に、IUD、ペッサリー、不妊手術、基礎体温式等たくさんありますが、このような状況の中で、経口避妊薬とそれ以外の避妊方法の違いについて概観してみましょう。

3)日本はどうして避妊ピル薬の普及が遅れているのか?

日本では、経口避妊薬の普及が米国等海外(のピル先進国)と較べて、遅れているということがよく話題になっていますが、これが、どういうことなのかについて、少し掘り下げてみていきます。

4) 経口避妊薬の副次効果、副作用について

避妊薬には、副作用があり、服用すると血栓症や乳がんにかかりやすくなると言われていますが、ただ、最近は、逆に、月経の周期の安定化や調整等の副次効果があることもよく取り上げられようになってきました。

ここでは、このような経口避妊薬の副次効果や副作用について触れていきます。

5)モーニングアフターピルについて

モーニングアフターピルについては、ピルの中でも特殊な使い方というイメージがありますが、ただ、通常の経口避妊薬の服用における煩わしさの解消の観点でも、参考にすべきこともありそうですので、このような観点も含めて、取り上げます。

6)避妊薬としての避妊薬の普及に関する今後の展望

これまで、避妊薬に関して、いろいろな観点から、見てきましたが、今後、避妊の方法として、日本国内でも、主流になり得るのでしょうか?

ここでは、今後、避妊ピル薬の普及がどのような方向に進むかを展望します。

経口避妊薬についての今後の展望

避妊薬につきましては、避妊の観点では、現在、普及しているコンドーム以上に注目すべきで、感染防止はコンドーム、避妊は薬のような棲み分けの考え方も、もう少し浸透してしかるべきでしょう。

避妊に関しては、アフターモーニングピルのようなものが安全度で、もう少し進展すれば、使い勝手ではよさそうです。

ただ、通常のピルでも、副次効果があるため、煩わしさがあったとしても、以前よりも、魅力が増してきているようです。

今後の医薬品関連の研究の進展や行政レベルの向上と、個人の認識レベルアップを前提とした通販の活用にも注目していくのもよいかもしれません。

将来的には、現在の避妊の部分の機能が、アフターモーニングピルに移行することにより事後服用で済むようになり、また、現在の経口避妊薬の避妊以外の副次効果の部分がサプリに移行し、毎日、気軽に飲めるようになれば、なんとなくすっきりするのですが、果たして、このように進展するのでしょうか?

いずれにしましても、今後、避妊薬がどのように進展し、私たちのライフデザインやライフスタイルにどのような貢献をもたらすかは見逃すことはできません。

今後が楽しみですね。